夜遅くに勉強を頑張っている人へ

このサイトを見ている人の時間帯を分析したところ0時以降の遅い時間帯にも多くの人が閲覧していることがわかりました。

そういう人たちが少しでもモチベーションアップしたらいいなと思ってこのページを作りました。少しクサイ気はしますが息抜きにでも読んでみてください。

というわけで僕がモチベーションをアップさせるために行なっていることをここに書いていきます。

遅い時間でも頑張っている自分に酔う

これは結構大切です。「一般的に周りが寝ている時間帯に頑張っている自分は偉い」と自分で自分を褒めてあげることです。

もちろん夜遅くに勉強している人のほうが偉いということではありません。

ただ夜遅くに勉強する時は必ず「自分との戦いになる」ので自分で自分を鼓舞するのはとても大切なんです。

SNSでリアルタイムで頑張っている人を見つける

TwitterなどのSNSを活用して一緒に頑張っている仲間を探すことも一つの手です。

SNSでなら知らない人に話かけることもハードルが低いので思い切ってリプライしてみるのもいいかもしれません。

あなた「夜遅くに勉強頑張っていますね!僕もいま勉強しているで頑張ります!」

相手「そうなんですね!眠気に負けず一緒に頑張りましょう!」

みたいなやりとりができると連帯感が生まれてモチベーションになりますよね。

僕のTwitterにリプ送ってもらっても全然OKです!気づいたら返信します????

モチベーションの消費期限はだいたい24時間と知る

これは持論ですが、その日に生まれたモチベーションは大抵次の日に持ち込すことはできません。

次の日は今日と同じ環境、体調とは限りません。同じだけのモチベーションを持って取り組むのはかなりの精神力の持ち主と言えます。

モチベーションはその日しか使えないガソリンだと思ってください。

明日にはきっとこのモチベーションはなくっているからできるだけ今日頑張ろうという気持ちで取り組んでみてください。

できなかった日の自分を責めない

だれにだってできない日はあります。そんな時は素直に諦めましょう。

そしてその時大事なのが、「諦めると決めた時の心の持ちよう」です。

その日勉強できなかったことを反省して責めることは無意味です。結局できていない訳ですからグダグダ考えることが無駄です。

勉強しない日は完全に「休息と割り切った」ほうが心も体も健康的です。しっかり休息をとってまた頑張ってください。

最後に

体調が悪い時、すっごい眠たい時に頑張るのは大変です。

でも必ずそういった頑張りで一歩一歩いい方向へ進んでいきます。もし記事の内容でわからないことがあればTwitterやLINE@で聞いてください。現在は余裕があるので結構はやく回答できると思います。

それでは!ファイト!

この記事を書いた人

web関連の勉強をしているみんなのために「とにかくわかりやすい記事」にこだわってwebスキルの情報を発信しています。フリーランスでデザイン・コーディング・webマーケティング(SEO)とweb全般のお仕事をしています。

この記事を読んだ人におすすめ

  • 運営者プロフィール

記事をもっと見る +

目次を開く